シナリオ地獄

シナリオ地獄

漫画家、あるいは漫画の原作者になりたい。 でも、どうしてか良いシナリオが作れない。常に頭の中をぐるぐる巡るのは、シナリオシナリオシナリオ、俺の日々はシナリオ付けだ。俺はなんとかしてこのシナリオ地獄から脱出したい。

ツイ4の新人賞に投稿してみた3

というわけでツイ4の新人賞に投稿してみたのですが、 結果としてはうんこでした。

ツイ4編集部さんからの評価

【魔王勇者】
f:id:oh_hitsumabushi:20170725182241p:plain

【LISA】
f:id:oh_hitsumabushi:20170725182237p:plain

辛い

これらの評価を受けまして、きっとこの二つの漫画からは
何を描きたいのか、よく分からない物が出来てしまっているということがわかりました。

もう…その通りだなと。
投稿前はこれで天下取れるんじゃね?
とかアホみたいに思っていました。

でも投稿してしばらく、 こうして評価してもらってから思うのは、 確かにダメダメだなと…

考察

なんというか、心のどこでその漫画のシナリオがどういうものなのか、
少なくとも軸の部分くらいは伝えられるレベルには来ている。
と思っていたのですが、完全に慢心でした。

うんこうんこうんこ(←少しやけになってる。)

でも絵については何も言われてないんですよね。
ギリギリ最低限、妥協レベルには来ているということなのか? それとも、それ以前の問題ということなのか。

特に魔王勇者に関して文字量が多いということは自覚できていたけど、今後もっと自然な感じでセリフを書けるように気をつけて行きたいと…。

んー、んー、んー、あー、あー、あー、 うおおおおおおおおおおおおお ぬぬぬぬぬぬ

舐めてたのかも

本当に、俺はアホだ。

ツイ4の新人賞に投稿してみた2

ツイ4新人賞に出してみた。ニ本目【LISA】

sai-zen-sen.jp

f:id:oh_hitsumabushi:20170725181750p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725181755p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725181759p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725181803p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725181809p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725181815p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725181823p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725181831p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725181836p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725181842p:plain

ツイ4の新人賞に投稿してみた1

https://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/zadankai-201707/0016.htmlsai-zen-sen.jp

ツイ4新人賞に出してみた。一本目【魔王勇者ニナアリサ 欲望の冒険】

f:id:oh_hitsumabushi:20170725180850p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725180917p:plain f:id:oh_hitsumabushi:20170725180922p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725180928p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725180934p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725180939p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725180944p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725180951p:plain f:id:oh_hitsumabushi:20170725180859p:plainf:id:oh_hitsumabushi:20170725180909p:plain

幽霊について考察

次のコミトレ、関西コミティアでは幽霊物を描こうと思ってる。
だから、ここで、ひとまず幽霊について考察してみる。

もしも幽霊が本当にいるとしたら

そもそも俺は霊を信じてない。幽霊は生きている人の見間違いか妄想だと思ってる。
葬式や墓は生きている人と死んだ人の違いを明確に、生きている人が理解するためにあるもの。

ももしも本当に幽霊がいたとして、
生きている人間のように物を考えたり、感じることが出来たとしたら、
死ぬということはどういうことなのか?幽霊とは一体なんだ? テーマはこれにしたい。

死と生の境界線

死ぬことの意味、死んだ後に出来ること、出来ないこととはなんだ?

出来ないこと

  • きっと触れることは出来ない。
  • 直接話すことが出来ない。(霊媒師を介しては可能?)
  • 自由に動き回れない。(見えるのは取り憑いた人の視点+αのみ)

出来ること

  • 間接的に話すこと
  • 人に取り憑くことは出来る。

雑記

自分の死を理解した幽霊はそれをどう受け止めるのか?

成仏するか?未練を解消しようとするか?暴走する?

間接的に話すということ

人は幽霊に対し、霊媒師と称する人間に対し、どういう反応を示すか?
死んだ人にしかわからないことを知っている人間をどう思うか?
自分が霊媒師であることをどう証明するのか?

まともに話しても、ろくなことにならない。

取り憑くことの意味

普通の霊は肩を重くするくらい?気付かないくらいの違和感を与えられる。

強い霊の場合、思い通りではないが怪奇現象を起こせる。
気張ると空間を振動させられる?
また思念を一部送り込むことが出来る。
例えば『辛い』、『キツイ』、『眠い』とか
文章では無理だし、具体的に何を伝えたいのかまで伝えられない。

除霊の方法

経文などによる強制的な除霊と、幽霊の未練を聞く直接的な除霊

今の心境

描けない

俺が描きたいのは人間らしさ。人間らしい作品を描きたい。 それなのに、俺がこれまで描いてきたものはそれの欠けた作品だ。 肝心の描きたい部分が描けていない。

今のシナリオの作り方

少し前までは、シナリオは人間が中心であるべきものだと思い、
だからこそ、人から考えてシナリオを描くべきだと思ってた。
だが、それだと上手く行かない。
原因は色々ある。分かってる部分と分かってない部分はあるんだろうけど。
でも、この人間重視のシナリオ作りだと、一向に進まない。

だから、あるときから、起承転結から先に考える方式に変えた。 こういう経緯でこういう結果に落ち着くという、起承転結を先に考えて、 その後に登場人物を乗せる・・・という流れにしたら、出来た。

だから、今はこの話の流れ重視でシナリオを作ってる。

シナリオ作りムズイ

でもどっちが良いのか?前者ではどうすれば作れるか?

思いつきと計算のバランスと使い方が分からない。 急ぎすぎているのか?作るごとにわかっていくことなのかもしれない。

時間がねー

でも時間がない。 今年一杯で何らかの形で結果を残せないと、色々マズイ。

早く作る必要がある。 でも早く作ることと作品作りは関係ない。 焦ることに意味はない。

三ヶ月後に関西コミティアがある。 それまでに一作品、欲を言えば二作品作って、回りたい。
無茶を言えば、ここでデビューしたい。無茶だ。ふざけんな!

次辺りに作りたいのは幽霊物か。

前から思ってて、今色々幽霊物でシナリオ考えてるけど、 なんかしっくり来てないけど、可能なら、人物重視でシナリオを作りたい。

シナリオ地獄

漫画家になりたい。あるいは漫画の原作者になりたい。

でも、どうしてか、シナリオが作れない。

 

俺は今、シナリオ地獄にいる。